病名一覧

痛みは体に異常が起きたことを知らせる警報です。
排便の度の裂けるような痛み、ズキズキしたり、奥のほうで感ずる重苦しい痛み、咳をする度にひびく痛み、等病気の種類によってさまざまな特徴があります。

以下に主な考えられる状態を並べました。クリックしてみてください。

肛門が腫れた、肛門の縁が腫れた、肛門から少し離れたところから腫れた、これらは似ているようで皆違う病気です。
腫れの診断は重要であり、早く治さないと広がってしまい厄介なことになることもあります。至急肛門科の受診をしてください。

肛門の周囲がじめじめし、下着が汚れる、肛門の周囲が腫れて痛む、これらの状態が続いていませんか?
これは単なるオデキではなく肛門の内側から膿のトンネルができて広がる痔瘻と考えられます。
肛門周囲膿ようや痔瘻は古くなるとなかなか治りません、初期のうちに根治すべき病気です。

排便の前後に出るまっ赤な出血は、紙につく程度のものから、シューと走るように出血するものまでいろいろです。
たいていは、イボ痔や切れ痔が原因です。
しかし、時には直腸の潰瘍からのこともあります。粘液のまじった出血、どす黒い出血、血便はもっと奥のほうからのものかもしれません。
このように、一口に出血といってもいろいろな原因によって起こります。その原因を確かめ、病気にたいして最善の治療をすることが大切です。
高津区、肛門科【高山クリニック】
〒213-0011
神奈川県川崎市高津区久本3-2-3 ウェルビュ溝の口1F
TEL:044-850-3334
溝口、大腸肛門科、肛門科日帰り手術、胃腸科、内視鏡検査、循環器科